滝めぐりの2日目は海道さんの行きたがっているにこ淵がメインである。

朝の6時ごろ、海道さんが朝の散歩に行きませんか?と言う。すると今度はひろっさんが朝のドライブで寒風山の方に行ってみましょうと応じる。着替えてからコンデジだけ持って宿の本館に向かうが閉まっている。本館に入れなかったら靴に履き替えることが出来ないのだ。3人ともスリッパなのだ。でもとりあえずスリッパのままで滝見風呂から見えた滝がどんなものか見に行ってみよう。

滝は2段になっている。滝見風呂から見えるのは下の滝だ。



デジカメ時計=6時7分(-_-;)
も少し大きく
周囲の景観。秋の紅葉の頃も良いな。

滝の写真を一通り撮ったらひろっさんが滝見風呂から滝を写してみようということで滝見風呂に入った。私も後からついていく。脱衣所から風呂場のガラス窓越しに滝が見えるが不吉な予感。ひろっさんがデジカメの結露がひどいと言って風呂場から出てきた。朝風呂に入れるようにお湯が入っているので風呂場の中は湯気がいっぱいなのだ。私は風呂場を見た瞬間これは結露するぞと思ってデジカメを構えることも無く脱衣所から眺めただけだったのだ。

靴に履き替えることが出来ないままスリッパで宿の敷地内をうろうろしていたら外に出る道があり、スリッパのままだが宿の外に出ることは出来るようだ。
車に向かう橋の上から滝の方を眺める。このサイズでは滝は見えないね。

車に乗りこみ、宿の前を通っている旧の国道194号線を走り寒風山駐車場を目指す。寒風山駐車場手前まで来たところで私がこの林道を行けば滝が有るよと言うと、「じゃ行きましょう」とその林道に入って行く。未舗装の林道は荒れていて私の車では絶対走りたくない。

林道にテントを張って朝食中のグループの横をすり抜ける。やがて目的の滝が見えてきた。

なかなか立派な滝である。コンデジしか持ってきて無いことが悔やまれる。


デジカメ時計=6時44分
それを写す私の足元は宿のスリッパ。
滝の前についている橋の名前は長又橋。だからこの滝を長又の滝としよう。
端から眺める景色。春の芽吹きの季節だから緑色ではない。

登山靴で来ていればあちこち動き回っていろんな角度から写すのだが、スリッパでは動く範囲は限られる。そんな状況でも写しまくってきたので滝の写真を羅列しておこう。




   
 
   
 

予想以上の滝に満足しながら寒風山駐車場に向かう。

寒風山駐車場

デジカメ時計=7時6分

ここで山の景色を眺めていたらデジ一を首からぶら下げたオバチャンに話しかけられた。「アケボノツツジは咲いていますか?」瓶ヶ森林道沿いに咲くアケボノを写しに来たようだ。私は見たこと無いけどネット情報では咲いているようですよと答える。

さあ滝見物が終われば宿に帰って朝飯を食べよう。

宿の入り口から見える本館。ここで食事をする。
屋根から白く湯気が立ち上っている。こんなどーでも良いような写真ばかり撮るからメモリーがすぐになくなるのだ。
春なのに紅葉したような色のモミジ
外のこの景色を眺めながら囲炉裏端で朝食
朝食はこれにご飯と味噌汁
   
食事が終わったら部屋に戻る。戻る途中でコンデジで宿の景色を写す。



 
    白く光っているのは朝露


部屋に戻って出発準備。

車に戻るときに最後にもう一度滝を写す


   続く(次は程野の滝)



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO