今日は金曜日だが職場は休み。夏の石鎚東稜の花を写しに行こうと1ヶ月くらい前から決めていた。しかし天気予報が良くない。天気予報が外れることも有るだろうから、とりあえずビール、じゃ無かった、とりあえず行ってみよう。

5時半ごろ目を覚まし、いつものようにパンとコーヒーで朝食。妻も起き出してきてバナナやおやつを準備してくれる。

6時ごろ我が家出発。頭上はまだうす曇。しかし西の方、松山上空を見ると雲の色は濃い。やはり天気はダメか?

いつものコンビニでいつもの弁当を買い国道494号線に入る。白猪の滝の駐車場横を通過し、砂防ダムを横目で見ると水量多い。

黒森峠を越えて面河側に降りたら車のフロントガラスに雨粒がポツポツと。あー、もう行く気が無くなった。これにて投了(-_-;)

ここでUターンしたら我が家に早く帰れるけど、せっかく出てきたんだからもう少しウロウロしてみよう。面河の集落を抜けてスカイラインに向かう道路との三叉路に来た。ここで左折すれば石鎚方面だが、もう行かないと決めたので右折する。ここまで降りると雨は降ってない。しかしスカイラインを上がっていけば雨に降られるのは目に見えている。

面河川を右に走っていると、ガードレールの隙間に川に降りる階段の手すりを発見。今まで面河の川沿いはもう何十回と走ったはずなのに、まだ面河川を写した事は無いと思う。今日は珍しく面河の川景色でも写してみようかな。

車を広い路側に停めて三脚を持ち出し、階段から川に下りていく。川に下りると対岸に滝が見えた。普段はただの崖なのかも知れないが、雨の後で水が流れて滝になっているようだ。

この写っている部分の高さは数m程度か。しかし、ここには写っていないが木に隠れている部分にも滝らしきものが見える。総合して10m程度かな?
手前の川を強調してみました。

水が本当に綺麗だ。






スローシャッターにも飽きたら(-_-;)デジカメを三脚から外して手持ちで高速シャッターで写す。しかし雨は降ってないという状況の天気なので、ISO200にして写す。

うーん、暗い。

写すたびに「暗い」のコメント付きで、見るほうもいい加減ウンザリしてくらい(-_-;)
暗い理由は分かっているんですけどね。
この白い部分が飛んでしまうのを恐れてあえて露出を絞っているんですが、その按配がイマイチうまくいかないんだなー。
まるで夜中に写したかのような写真になってしまった

この川の段差を目の前にする岩の上での撮影が終わればちょっと場所を変えてみる。


川岸に咲くギボウシ

さて、次は遅越の滝にでも思い、マスの養殖場の小屋の前に車を停めて歩き出したら雨。しかも本降りの雰囲気。滝に向かう遊歩道を10mも歩かないうちに撤退である。

10時ごろ、我が家到着。6時に家を出たんだから、こんなものか。

今日は石鎚の予定が面河の川の景色になったしまったが、私にとっては初めての景色で、綺麗な川を見ることが出来て良かった。


     滝めぐりに戻る   TOPに戻る





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO