今日は会社の山仲間を案内して御来光の滝に行く。もちろん石鎚の御来光の滝だ。会社の人を案内しての御来光の滝は以前計画していたが、天候が悪く中止になっていたのだ。今日は滝からの帰りに温泉に入ることも予定されているようなので、それも楽しみである。

6時に川内の役場駐車場に集合となっていたので10分前に我が家を出発し、役場に到着すると駐車場が閉鎖されている。あれっ、いつから駐車場を閉鎖するようになったんだろう?さくら山行会で集合するときも、6時には必ず車を停められたのに、と言うか、ここの駐車場が閉鎖されているのを見たこと無かったけど。仕方が無いからすぐ隣の公民館に停めて、私は道路沿いに立って他のメンバーの到着を待つ。メンバーが到着したら車を公民館に誘導する。朝の一仕事だ。

公民館の駐車場で荷物の入れ替え。今日は私は運転はしないのだ。全員の荷物を積み込んだら出発。そして定例のコンビニへ。御来光の滝に行くときのパターンになってしまった、弁当とおにぎり一個を買う。弁当は御来光の滝での昼食用。おにぎりは石鎚スカイラインを降りて川底で食べる。みなさん弁当や飲み物を買ったら出発。国道494号線から黒森越えで面河に向かう。

ここで運転しているKさんがガソリンがちょっと不安だと言う。確かに燃料計を見ると、帰りにガス欠になりそうな予感。オイオイ、遠くに行くと分かっているときはガソリンをチェックしておけよと、面と向かって言わずにホームページで突っ込みを入れておく(-_-;)

面河に降りて小さな集落にガソリンスタンドが有るので、そこで給油をしよう。そのガソリンスタンドに来たが営業しているように見えない。しかし「クラクション!」と書いた手書きの標識がある。「プップー」と鳴らすと道路の反対側の家からおばちゃんが出てきた。良かった。早起きのおばちゃんで。朝寝坊の人なら給油が出来ないところだった。給油をしている間、みなさん車から降りて、朝の面河村の田舎の景色を眺める。早々とさっきのコンビニで仕入れたおやつを食べる人も。

ガソリンの心配が無くなったら安心して出発。面河ふるさと市場でトイレ休憩。トイレ休憩も終わればスカイラインを快調に走り、御来光の滝を正面に眺める駐車場に車を停める。駐車場到着が8時前。

駐車場からの石鎚と御来光の滝  
上の写真から滝の部分だけを切り取ったもの    

水量が少ないことが分かる

8時10分 駐車場出発。私を先頭に歩き出す。今日はメンバー4人。そのうち一人はシンガポールからの研修生で国際編成部隊なのだ。いつものように最初のカーブミラーのところから川に向かって降りていく。これが非常にキツイ勾配なので、帰りが大変だぞと他のメンバーにも注意する。もちろん私も注意が必要。前回はここを上がるのにとんでもなく時間がかかったのだ。

8時35分 川に降りる。おにぎりで休憩。おにぎり食べたら出発。水は全く無い。やがて右岸のブルーシートを目印に登山道に入っていく。

?時?分 左岸に渡る。ここは川に水が流れているが、たいしたこと無い。岩伝いに靴を濡らすことも無く渡れる。

七釜    

デジカメの時計によれば撮影時間は9時3分。でもデジカメの時間設定はマメにチェックしているわけではないので、少々の誤差あり。
七釜の雰囲気

9時?分 右岸に渡る。

9時15分 犬吠の滝を見下ろす。ここまでは順調。この後また道を見失う。4月になべちゃんやタックさんらと来たときと同じ場所に出てしまう。何故か石鎚の懐にバミューダトライアングルが有るようだ。しかし、ここで迷うのも3回目。ここから出るコツも分かっている。すぐに本来の登山道に戻る。

9時40分 左岸に渡る

シコクブシが迎えてくれる。   

そっとお皿に盛って遠来の客に差し出す
「どうぞお毒味を・・・」 


オリジナルサイズの写真を見ると葉っぱにはピントが合っているが、どの花にもピントが合ってないのだ。でもこのサイズなら気づかない。   
オオマルバノテンニンソウ で良いんでしょうか?

この花はあちこちに小さい群生が有った

9時55分 左岸から川に出た。ここからはずっと川の中の岩を歩く。
9時57分 南沢通過

デジカメ時間 10時1分

私が難所と思っているところ。いつも書くけどこの左の白い岩が滑りそうで雨の降っているときは非常に危ないと思っている。
川の中にゴロゴロ転がっている大きな岩を乗り越えながら上流に向かっていると、やがて滝が見えてくる。会社の仲間も「おー」と声が出る。
10時30分 御来光の滝到着

駐車場から2時間20分
もうここに来たらこれを見ないと

今日も虹が見えた。しかし水量が少ないせいか、それとももう太陽光が弱まる季節のせいなのか虹は薄い。
スカイラインから見たときに分かっていたが、目の前で見るとやはり水量は少ない
他の人も間近に滝を見て感激しながら写真を撮る
青空と滝 でも水が・・・

写真には写らないが、気の早い木は一部の枝が紅葉し始めている。また紅葉の頃に来たいものだ。
しつこく虹

今年3回来て、毎回虹を見ることが出来た。
飛沫を写したつもりなんだけど・・・写ってない
ちょっとズームした写真には写っていた
三者三様でくつろぐメンバー

御来光の滝経験者は分かるでしょう。滝壺に水が無いのが。
同じような写真ばっかり

でも普通の人は行かない場所から写しているんですから
11時40分 滝を後にする   

しっかりと網膜に焼き付けて帰りましょう   

     帰る





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO