滝に到着したら、同行のひろっさんのことは念頭に無く、わが道を行く(-_-;)


4月29日に来たときに虹が見えたが、今日も太陽の位置関係を見ると、虹が見えそうな予感。岩に上がってみる。すると予想通り虹が見えた。


ここまで苦労を共にしてきたひろっさんにも虹を見せてあげたいが、今日は私は三脚を持ってきているので時間がかかる。おまけにこの岩の上は定員一名。ひろっさんに背後の崖を指差して、あそこに上がれば虹が見えますから、あの上に行ってくださいとお願いする。

三脚を使ってスローシャッターで虹を写す  

虹の全景

これを写した後、背後を振り返ると崖の上からひろっさんが写真を撮っている。虹は見えましたかと聞くと、見えるよとの返事。今度は私がその崖の上に行ってみる。

御来光の滝と虹

肉眼では虹がもっとくっきりと見えていたと思うんだけど、この写真ではそんなにくっきりと見えないのは何故?

今度は手持ちで高速シャッター

でも距離が遠いので飛沫は写らない(-_-;)

虹は写っている

滝を写しに来たのか、虹を写しに来たのか分からない状態が終われば、また滝の下に戻る


今度は4月29日に来たときに見つけた私専用飛沫撮影ポイントに上がる。


ここにひろっさんが写っています。私を見てあきれていることでしょう。
同じような写真を次から次と

飛沫撮影ポイントから下りたら弁当にする。コンビニのおにぎり2個とリンゴの丸かじり。それが終われば再び撮影モード。

浅い滝つぼの中には岩が転がっていて、その岩伝いに滝のすぐ下まで近づける
抜けるような青空と言いたいんだが、残念ながらそんな青空ではなかったのだ



     続く





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO