今日から世間はシルバーウイークの5連休だ。明日は石鎚の秘境の滝に行くと宣言しているので今日は遠出は出来ない。手近で行きたい北谷の彼岸花でも見に行ってこよう。北谷の彼岸花は3年ほど前に知ったところだが、斜面に彼岸花が咲いて斜面の下から見上げて写せば南からの太陽光を受けて私の大好きな逆光写真が撮れるのだ。おまけに斜面には桜の木が何本も植えられていて、これまた大好きな木漏れ日のスポットライトを浴びた彼岸花を写せるということで、一発でお気に入りになってしまった場所だ。

彼岸花の咲く場所は駐車場が非常に狭く、またそこへ行く道路も離合が困難なので目的の場所の1km以上手前の広い路肩に車を停めて歩いて行く。1kmくらい歩くのは普段の山歩きに比べたら楽なものだ。
この写真に愛車が写っているんだけど暗くて分かりにくいね。


デジカメ時計=8時4分
車を停めた場所から目的地に行くまでにも彼岸花はいっぱい咲いている。もちろん逆光で写す。
逆光ばかりじゃないんですよ。こんな風にも写せますぅ。
去年気付いた住所表示のモニュメントには時計が付いていた。しかも正確に動いている。
圃場整備されて一つ一つの田圃が大きくなった。それは田圃とその下の田圃の落差が大きくなるということであり、広くなった法面にも彼岸花がいっぱい咲いている。
法面に咲く彼岸花を見上げる

今日はネット仲間のなかちゃんも北谷に行くと掲示板で宣言していた。まだ8時半にもなってないので私の方が先に到着して写している間になかちゃんが来るだろうと思っていた。すると北谷方面から軽四が降りてきて私の前で止まった。あらっ、なかちゃんではないか。もう一仕事終えたようだ。なかちゃんが一遍上人のお堂が無くなっているから調査しといて言って走り去った。

私も歩きだしてふと後を振り返るとなかちゃんが車から降りて法面の彼岸花を写そうとしている。私がKissを準備した時には神隠しにあって姿が消えてしまった。
最高の彼岸花日和
この花は?
一遍上人お堂跡。更地になってしまっている。
目的地を示すアサヒ動物霊園の看板。とにかく初めての人で道が分からなくてもアサヒ動物霊園に行くつもりで看板に従って進めば目的地に到着する。ちなみに車で来た場合ここまでの道路は離合可能。ここから先は離合不可能と心得よ。
これはまだ目的地の彼岸花ではありません。とにかく逆光だから写した(こればっかり)
目的地のすぐ手前の斜面を見上げて

さて、目的の彼岸花群生地に到着である。先客カメラマンぼちぼち居る。このシルバーウイークを狙ってきた人も居るでしょう。斜面の下に降りて思う存分逆光写真を撮りまくろう。


      続く




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO