さくら山行会で石鎚方面に行くときには国道33号線の三坂峠を越えていくが、三坂峠を越えたところで清家先生が「あの木はオオヤマレンゲだ」と山行会のメンバーに説明することがよくある。そして明日はさくら山行会でオオヤマレンゲを見に稲叢山に行くことになっているが、残念ながら私は仕事で見に行けない。そこで稲叢山の代わりに三坂峠のオオヤマレンゲを偵察してこよう。清家先生の話だけで、実際に咲いているところをまだ見たことが無いのだ。

三坂峠のどこに咲いているかというと、峠を越えて久万側に少しだけ走ると左手に昔の伊予鉄ドライブインが有り、その向こうに廃業したガソリンスタンドが有る。そのガソリンスタンドに咲いているのだ。

これがオオヤマレンゲの木。すぐ隣の壁には「火気厳禁」の文字が書かれた看板。

明日さくら山行会が行く稲叢山の標高は約1500m。それに対してここは約700mだ。標高が低い分だけ花が咲くのが早い。そのために咲いている花の半分以上は花びらの色が茶色に変色しているが、まだ蕾も有る。残りはまだ1週間くらいは咲いているだろう。

まず写しやすい目の前の花を写す。
花びらに水滴がついてレンズのようになっていたのが気に入ったのでもう一枚
まあまあ色姿が良いのを探して写したが、背景がガソリンスタンドの壁(-_-;)
この花は一番外側の花びらは確かに少し茶色に変色していたが、中の方は純白のはずだったのに何故か茶色っぽく写っている


珍しい花なので少しは大きく

青空を背景に純白の花が綺麗でしょう。

この花は色だけでなく匂いも良いです。匂いに鈍感な私が保証します。ここで嗅ぎ回りました(-_-;)

こんなに蕾は有るので明日も明後日も大丈夫です
終わった花が3つとすぐ横に蕾。この3つの花が一番良い頃に写したかった。でもここの花がいつ咲くのか知らないし。今日はたまたま明日稲叢山に行けないので代わりに見に来ただけなのだ。
どこにピントが?
こんな感じで咲いてます。この写真を見て「おっ、あんなお手軽に見られるのなら行ってみよう」と思う人もいれば、「排気ガスまみれのオオヤマレンゲに興味は無い」と言う人も居るでしょうね。私はもちろん前者です。

排気ガスまみれのオオヤマレンゲに興味の無い人はわざわざ見に行くことは無いでしょう。しかし稲叢山に行きたくても行けないので、こんな場所でも良いから見たいと思う人はどうぞ見に行ってください。車を停める場所は昔の伊予鉄ドライブイン(今は伊予鉄の研修施設?)前の駐車場に停めるのが安全です。私は上の写真のようにガソリンスタンドの目の前の路肩に駐車しましたが、すぐ横をビュンビュン車が通るので危険です。もちろんガソリンスタンドの敷地内には駐車できません。上の写真にも写っていますが、車の進入を防ぐために丸太を置いています。

明日の有名な稲叢山のオオヤマレンゲは見ることが出来ないが、代わりの排気ガスまみれのオオヤマレンゲを見ることが出来たし、良い匂いも嗅ぎまわったし、それなりに満足して帰る。こんなに天気が良いのにもう家に帰るのである。撮影終了9時前。そんな時間から行ってホントに暇なのね〜と言われそうである。暇だから仕方が無い。

明日は父の日。ここで一句。

  父の日に 何ももらえず 袖濡らす 



      気まぐれでじかめ日記に戻る    TOPに戻る





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO